「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケートの伝説の人!伊藤みどりについて

2016 11/1 19:56
フィギュア 伊藤みどり
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by jinwook shin/Shutterstock.com

フィギュアスケートのファンにとって、印象深い伝説のスケーターがいる。それは”伊藤みどり”だ。女子のスケートレベルをグーンと引き上げた伝説のエピソードを5つ紹介する。

圧巻!まるで異次元のジャンプ!

伊藤みどりは、1969年生まれ、名古屋市出身で山田満知子コーチに師事していた。小学校6年生で既にトリプル・トリプルを飛び、1988年のNHK杯で、世界中の女子で初めて飛んだトリプルアクセルは、現在の選手と比較しても、高さ、スピード、滞空時間、飛ぶときの助走の少なさ、どれも超越している。海外では「100年に一度の天才スケーター」と評価が高く、国際大会では会場で大きな声援、拍手を得て大人気だった。伊藤みどりのトリプルアクセルは、飛ぶ前に減速せずに、むしろ加速したまま飛ぶので、飛距離も浅田真央選手の1.5倍あるそうだ。

伊藤みどりの主な成績


1985年-1992年:全日本選手権8連覇
1988年:カルガリー五輪 5位
1989年:世界選手権優勝
1992年:アルベールビル五輪 銀メダル
2004年:日本人で初めて世界フィギュアスケート殿堂入り
2011年:世界アダルト選手権 マスターズエリート2 2位
2013年:同 1位

当時女子には不可能といわれたジャンプを次々に飛んだにもかかわらずカルガリー五輪では、メダルに手が届かなかった。本来5位の伊藤みどりにはエキシビションの出場資格はなかったのだが、「もう一度伊藤みどりの演技を見たい」という、問い合わせが殺到し急遽出場が決まり、しかも通常トリは金メダリストなのだが、彼女がトリを飾ったのだ。それほど彼女の演技は、衝撃的だった。

おすすめの記事