「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソチ五輪・浅田真央、感動のフリー演技を世界はこう見た!

2016 11/1 10:56
mao asada
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by AlexAranda / Shutterstock.com

全国のフィギュアスケートファンの方へ。本稿では、記憶に新しい2014年ソチ五輪での浅田真央選手のフリー演技にスポットを当てたいと思います。完璧なスケーティングで世界中を感動させたあの4分間を、世界がどう見たのか各国実況をベースに紹介します。

【おさらい】世界中が涙を流した奇跡のスケーティング

2014年のソチ五輪、キム・ヨナと並び優勝候補と目されていた浅田真央は、ショートプログラム序盤でまさかのジャンプ失敗、以降リズムを取り戻せぬまま16位に沈んでしまいます。
しかし、翌日のフリーで冒頭のトリプルアクセルを完璧に決めると一気に波に乗り、4分間で合計8回の3回転ジャンプを決めるという驚異的なパフォーマンスを披露。奇跡のカムバックに世界中が感動しました。彼女が叩き出した得点142.71は自己ベストであると同時に、そのシーズンの世界最高得点にもなりました。

【アメリカ】氷上の主人公は浅田真央に!

アメリカNBCテレビの実況では、長野五輪の金メダリストであるタラ・リピンスキーとバンクーバー五輪に出場したジョニー・ウィアーが登場。演技が始まった時点で覚悟を決めた浅田の表情を見て、「ショートプログラムで心がバラバラになるほど折れたのに、リスクを顧みずにこれからトリプルアクセルを飛ぼうとしている」とそのメンタルに賛辞を送ります。フィニッシュの瞬間はしばし絶句。そして視聴者にこう語りかけます。「テレビの前の皆さん、今夜、氷上の主人公は昨夜1位のキム・ヨナから、16位の浅田真央に変わりました」「完全にメダル争いから脱落したと分かっていたとしても、今ご覧頂いた演技こそが、目に焼き付けるべき彼女のすべてです」と絶賛しました。

おすすめの記事