「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケート観戦を生で楽しむための豆知識5選

2016 11/1 10:56
フィギュアスケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sergey Nivens / Shutterstock.com

全国のフィギュアスケートファンの方へ。本稿では、フィギュアスケートをテレビではなく現地で生観戦する際に知っておきたいことにスポットを当てたいと思います。テレビ越しでは分からない習慣や意外と知らないルールまで5つのポイントを紹介します。

【1】チケットの相場ってどれぐらい?

まだ現地観戦をしたことがない人にとっては、チケットの相場すら未知の世界のはずです。会場となるのは全日本選手権や国際大会となると、大物アーティストがライブで使用する収容人数を持ったアリーナが使用されます。
例えば2016年11月25?27日にかけて開催されるNHK杯は、北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで開催されます。1日あたりの最安値はスタンドB席(注釈席)で3,000円、最もリンクに近いアリーナ席は14,000円で販売されます。プロ野球の内野指定席が5,000~8,000円と比べると、比較的割高かもしれません。かつ、3日間限りの国際大会ともなるとチケット購入も至難の技。良席は喉から手が出るほどほしい「プラチナチケット」なのかもしれません。

【2】気をつけたい観戦マナー

フィギュアスケートの美しい演技を楽しむ上で、観客にも配慮すべきマナーが存在します。
まず、原則観客席からのカメラを使っての撮影は禁止。日本国内は共通のルールとなりつつあります。また、演技終了後にリンクに投げ込まれるバラについても決まりがあります。基本的には投げ込みができるのは1階席のみ。会場で売られている、上下の口がきちんと閉まったもののみが投げ込み可能です。なお、販売額は通常のバラ500円、ちょっと豪華な金色のバラが1,000円に設定されています。花びらが散らばりリンクの状態を乱すことを考慮して、このような加工が施されています。最も気をつけたいのが声援。神経を使うスポーツなので、演技中の声援や拍手は控え、終了後に大きな拍手を送ることが理想とされています。

おすすめの記事