「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアの採点ルール変更の歴史

2016 11/1 10:56
figure skating spin
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alfaguarilla / Shutterstock.com

フィギュアスケートをよくテレビでご覧になる方へ。今でこそ得点を競う競技ですが、ある事件が起こるまでは「印象」で順位が決まっていた、などフィギュアスケートの歴史を知りたいとおもいませんか?そんなフィギュアスケートの採点ルールの歴史ついて紹介していきます。

フィギュアスケートは2002年まで「6.0ルール」を採用

フィギュアスケートのルールが大きく分かれたのは、2002年シーズンと03年シーズンの間です。02年シーズンまでは通称「6.0ルール」と呼ばれる方式が採用されていました。簡単に言うと、技術点、芸術点がそれぞれ6点満点でつけられていた時代のことです。ジャンプやスピンの技の一つ一つに得点があったわけではなく、技の出来栄えによって評価をつけていたのです。言い換えると、各国から選出された審判9人の「主観」によって点が決められていました。

個々の審判がつける順位点がランクを大きく左右するルール

旧方式では技術、芸術点のほかにも「順位点」という制度がありました。単純に技術と芸術点の合計で得点が決まるわけではなく、審判が試合の中で出場選手間の相対順位を出していました。ショートプログラムはフリープログラムの半分の点数で、ショートの1位は1×0.5=0.5で2位は2×0.5=1、フリーは1位が1×1=1で2位は2×1=2ということです。最終的に順位点が低い選手ほどランクが高くなるという意味です。
同一点の場合はフリーの順位によってランクが決まります。最終的に順位点をつけるために、個々の選手に技術点と芸術点をつける必要があったのです。

おすすめの記事