「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケートで日本勢に挑戦する最強のライバル

2016 11/1 10:56
フィギュア、日本、ライバル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Khakimullin Aleksandr / Shutterstock.com

フィギュアスケートのファンの方へ。2006年のトリノ五輪で荒川静香選手が日本初の金メダルを達成してから日本はフィギュア大国の仲間入りを果たしましたが、世界には日本勢を苦しめる強力なライバルがいるのです。そんなライバルを知りたいと思っている人に向けて、各国の注目選手をご紹介します。

日本男子勢最大のライバル、ハビエル・フェルナンデス

スペインにおけるフィギュアスケートの第一人者。頭角を現したのは2012年度シーズンにスケートカナダで優勝し、スペイン人として初めてISU主催の大会で栄冠を手にしました。この年はグランプリファイナルで4回転ジャンプを3度決める(フリープログラム)など技術の高さを見せると、欧州選手権で初優勝。
13年度シーズンはフリープログラムでのミスが響きソチ五輪4位とメダルを逃したものの、翌14年度シーズンは世界選手権で羽生結弦選手を抑えて堂々の初優勝。15年にはショート、フリーの合計が300点の大台を突破して世界選手権を連覇する快挙を見せ、羽生選手の最大ライバルとして立ちはだかります。

世界フィギュアスケート選手権3連覇のパトリック・チャン

2011年から13年まで世界選手権を3連覇したカナダのトップフィギュアスケーター。スケーティングやステップ技術の完成度の高さに定評があり、ソチ五輪の優勝候補とされていました。ソチではフリープログラムでジャンプのミスが響き羽生結弦選手に頂点を譲る形となり、翌14年度シーズンは休養をとりました。
復帰した15年度シーズンはスケートカナダで復帰戦を飾るも、グランプリファイナルでは4位と7年ぶりに表彰台を逃しました。しかし、四大陸選手権では男子シングル初の3度目の優勝を飾り、健在ぶりを見せつけました。

おすすめの記事