「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケートの演技時間を徹底解説!

2016 10/26 03:05
フィギュア スケート
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by testing / Shutterstock.com

もっとフィギュアスケートのことを知りたい人のために、今回はフィギュアの演技時間について紹介する。

ショートプログラムの演技時間

フィギュアスケートでは、「ショートプログラム」と「フリースケーティング」の総合得点で勝敗が決まる。
ショートプログラムは、演技時間が2分50秒以内と決まっている。さらに、この2分50秒以内にやる演技も決まっている。基礎の技術面がちゃんとできているのか、そこを判断するためにショートプログラムは存在している。
ちなみに、ショートプログラムで上位に選ばれた選手だけが、次の「フリースケーティング」で競技することができる。

フリースケーティングの演技時間

ショートプログラムで上位に入れば、演技方法も曲も完全に自由な「フリースケーティング」が行える。
フリースケーティングでは、男女によって演技時間が異なる。男子では4分30秒で、プラスマイナス10秒まで演技可能となっている。女子では4分で、こちらもプラスマイナス10秒まで演技をすることができる。
フリースケーティングではジャンプが8回まで、スピンは3回までなど、回数が決まっている。選手が上限いっぱいの演技をこなすので、ショートよりも時間が長くなる。

おすすめの記事