「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

エレガントなジョアニー・ロシェットの功績とは

2016 10/19 19:05
ジョアニー・ロシェット
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marcella Miriello / Shutterstock.com

エレガントな演技とダイナミックなジャンプが素晴らしい、ジョアニー・ロシェット選手を知りたいと思わないだろうか? そんな彼女の生い立ちから成績、エピソードなどを紹介する。

6歳から始めたフィギュアを始めたジョアニー・ロシェット

元フィギュアスケート選手(引退は正式に表明はしていない)のジョアニー・ロシェットは、1986年1月13日にカナダのケベック州モントリオールで生まれた。6歳の頃からフィギュアスケートを始め、小柄な体格だったが連続を重ねて実力を伸ばし、14歳で挑んだカナダ選手権ではノービスクラスを制することとなった。翌年にはジュニアクラスも制覇し、2002年からシニアクラスへとステップアップを果たした。

着実にステップアップを重ねるジョアニー・ロシェット

2003?2004年のシーズンから、ロシェットは ISUグランプリシリーズに参戦。翌年のエリック・ボンパール杯で実を結び、初優勝を飾る。同じ年のGPファイナルにも挑み、初出場ながら3位を獲得する。カナダの女子フィギュア選手(シングル)では、約10年ぶりとなるメダルをもたらす。
またこの年のカナダ選手権でもジョアニー・ロシェットは大活躍、カナダで行われた選手権の3つのクラスで優勝を飾った。

始めてオリンピックに出場したロシェット

2005年と2006年の両シーズンのカナダ選手権でロシェットは連覇を達成する。カナダ代表にも選出されトリノオリンピックに出場する。ショートプログラムではでミスが響き9位と出遅れたが、フリーではほぼ完璧な演技をして最終的には5位入賞した。好調だったロシェットは、カナダで行われた世界選手権でメダル候補と称され期待されるが、残念ながらミスが多く7位入賞にとどまった。

母国開催のオリンピックでメダルを獲得したロシェット

ロシェットは2008年から2009年のシーズンがとても好調で、スケートカナダのエリック・ボンパール杯で2連勝を飾る。国内のカナダ選手権でも、勝利を重ねて5連覇を達成する。同じシーズンの世界選手権と四大陸選手権では、安定した演技を見せて銀メダルを獲得した。この世界選手権でのメダル獲得は、カナダの女子フィギュア選手(シングル)として実に21年ぶりとなる快挙だ。
翌年のカナダ選手権でも勝利数を増やし6連覇、母国カナダ開催となったバンクーバーオリンピックで、フィギュア代表に選出された。バンクーバーオリンピックでは華麗な演技と、ダイナミックなジャンプを披露し銅メダルを獲得した。

ロシェットのオリンピックと“母親の死”

ロシェットは、日本の浅田真央選手と境遇が似ている部分がある。それは“母親の死”だ。母国開催となったバンクーバーオリンピックの開幕直前に、母親が心臓発作で倒れそのまま帰らぬ人となった。ロシェットはショックのあまり、大会を欠場しようと考えた。しかしロシェットの耳には「強くなりなさいって言ってきただろう!」という母親の声が聞こえ、その教え通り大会に出場し銅メダルを獲得した。またロシェットはジャンプの際にも、母親が力をくれたと信じている。
そして何より、当時の浅田真央選手やキム・ヨナ選手が、果敢にジャンプをする姿を見て勇気をもらえたと語っている。

まとめ

エレガントな演技とジャンプで人々を魅了した、ジョアニー・ロシェットの生い立ちからと功績を紹介した。バンクーバーオリンピックで悲劇から立ち直ったロシェットは、その母親の死の経験を生かし慈善活動にも取り組んでいる。

関連記事

おすすめの記事