「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カナダの生んだ絶対王者“パトリック・チャン”その功績とは

2016 10/19 19:05
パトリック・チャン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi / Shutterstock.com

フィギュアスケート男子シングルの王者として君臨したカナダのパトリック・チャン選手。 彼のこれまでの歩みを振り返りたいと思う。 趣味や経歴など人物像、功績を紹介する。

カナダの王者パトリック・チャン その素顔は

パトリック・チャンは、1990年12月31日にカナダのオタワに生まれた。スケートを始めたのは5歳の頃、初めはホッケーに興味をもっていたところ練習するうちにフィギュアスケートの方が面白くなったそうだ。なるほど、スピードのあるスケーティングはその頃から培われたのだろう。
両親は香港系の中国人で、家では広東語が日常の言語だった。高校はフランス語を第一に学び、大学はアメリカのコロラド州で世界経済を学び、広東語、フランス語、英語に堪能とのことだ。スケート以外の特技は「ピアノの演奏」だそうだ。

パトリック・チャン これまでの功績

2005年にカナダのジュニア選手権で優勝、翌年からISUジュニアシリーズに参戦、デビューしたモントリオール杯優勝、グランプリファイナルに出場、2007年にはグランプリファイナルで優勝する。17歳の優勝は最年少記録だった。2008?2009年はグランプリシリーズ優勝、また、カナダ選手権、四大陸選手権に優勝、四大陸選手権ではSPで歴代2位、世界選手権では銀メダルだった。
そして2010?2011年にはグランプリシリーズ カナダ杯で初めて4回転トゥループに成功し見事優勝、続いてロステレコム杯で4回転T+3回転のコンビネーションジャンプを決め、ファイナル初優勝、そして世界選手権ではSPもFPも世界最高得点で2位以下に大きく差をつけて優勝。
2012?2013年にはグランプリファイナルは3位に終わったものの、世界選手権のSPで世界歴代最高得点を自ら更新し、ロシアのヤグデン選手以来の三連覇を達成。2013?2014年はスケートカナダで優勝、エリック・ボンパール杯で再び世界最高得点を更新、ソチ五輪では団体で銀メダル、個人でも銀メダルを獲得した。
ソチ五輪の翌シーズンは休養後、2015年に復帰し四大陸選手権で3回目の優勝を飾った、これは男子シングル初だそうだ。

おすすめの記事