「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フィギュアスケート選手・村上佳菜子が残した功績~ソチ五輪に出場~

2016 10/4 00:52
フィギュア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ID1974 / Shutterstock.com

これからの女子フィギュアスケート界を支える村上佳菜子にスポットを当てたいと思う。
まだまだ若い彼女がこれまでに残してきた功績、そして今後の展望を含め紹介する。

【村上佳菜子の生い立ち】努力を重ねて小6で3回転を跳んだ実力者

1994年に名古屋で生まれ、3歳でスケートを始めたという村上佳菜子。先にスケートを習っていたお姉さんのレッスンについていったことが、彼女とスケートとの出会いだった。ジュニア時代から山田満知子コーチに師事し、トレーニングに打ち込んでいく中でめきめきと実力をつけていく。小学6年生の頃には3回転アクセルを習得したという大器の片鱗を見せている。
同郷で先輩にあたる浅田真央は彼女にとって憧れの存在。注目を集め始めた頃から比較されることもあるが、村上本人は、決して才能に恵まれたわけではなく、努力を重ねてきたスケーターとしての印象が強いようだ。

【ジュニア時代の功績】世界も注目!国内外で活躍する村上佳菜子

競技の世界に本格参戦したのは、村上佳菜子がまだ13歳だった08-09シーズン。イギリスで開催されたジョン・カリー記念で優勝して、フィギュアスケートファンの注目を集める。国内では全日本ジュニア選手権で3位となり、シニアの全日本選手権に出場を果たし、上々のキャリアスタートを切った。
大人顔負けの演技にスポットが当たる中、翌年にはシニアの国際大会である「アイスチャレンジ」とジュニア世界選手権で優勝。最高の形でジュニア世代を締めくくった。

おすすめの記事