「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

人気絶大!高橋大輔の偉大なる功績とは?

2016 10/4 00:52
フィギュア
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi / Shutterstock.com

フィギュアスケートファンの方は、色々な選手のことを知りたいだろう。今回は高橋大輔氏の功績を紹介する。

高橋大輔がプロになるまでの生い立ち

高橋大輔氏は、岡山県倉敷市が出身地のプロスケーターだ。4人兄弟の末っ子として生まれ、フィギュアスケートに出合うまでにさまざまなスポーツに挑戦した。しかし、どのスポーツも長続きすることがなく、8歳のときにフィギュアスケートを始めて、その魅力にとりつかれた。お年玉の全額をフィギュアスケートに使うほど、夢中になったそうだ。その後、「全国有望新人発掘合宿」で有名コーチの指導を受けて、高橋大輔氏はプロとして活躍するようになる。

フィギュア男子の先駆者、高橋大輔

プロとして初めて試合を行ったのは、1999年の「トリグラフトロフィー」だった。人生初の国際大会でありながら、見事優勝を果たした。その後、2002年の「世界ジュニアフィギュアスケート選手権」に出場して、男子初の優勝を決めた。
この頃から高橋大輔氏の知名度が上がり、フィギュアスケートファンの中でも注目を浴びていた。2010年のバンクーバーオリンピックでは、日本人初の銅メダルを獲得した。2010年の世界選手権でも、アジア史上初の世界チャンピオンとして、名前を轟かせた。

おすすめの記事