「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フェンシングの強い国って?知っておきたい強豪国5つ

2017 5/1 10:13イシカワヒロキ
フェンシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Goran Bogicevic/Shutterstock.com

「フェンシングが強い国は?」と聞かれて、すぐに思い浮かべることができるでしょうか? 昨今、各国の実力が拮抗している中、近年のオリンピックでどの国が優勝するのか最後まで分かりません。これまでのオリンピック戦績を振り返り、強豪国5つをみていきましょう。

フェンシングのフルーレならイタリア

フェンシング種目の一つである、フルーレ(フルーレは攻守交替があり、胴体部分に500g以上の突きを当てることで点数になる種目)。
2012年のロンドンオリンピックでは、イタリアが男女ともフルーレ団体で金メダルを獲得しました。また、イタリアはフルーレ個人戦でも好成績を収めています。同じく2012年のロンドンオリンピック(個人女子フルーレ)で、エリーザ・ディ・フランチスカが金メダル、アリアンナ・エッリーゴが銀メダルを獲得しました。

フランスは、フェンシングで総合的に強い国

フルーレの強豪国として有名なのはイタリアですが、フランスも負けていません。フランスはフルーレ団体で2000年シドニーオリンピック金メダル、2016年リオデジャネイロオリンピック銀メダルを獲得しました。
フルーレの他にも、エペ団体で2004年アテネ、2008年北京、2016年リオデジャネイロ金メダルという成績を収めています(エペは攻守交替なしで、750g以上の突きを与えると得点になる種目)。
サーブルでも2004年アテネ、2008年北京で金メダルという結果です(サーブルは攻守交替ありで、突きか斬りいずれか当たれば得点になる種目)。

おすすめの記事