「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ブエルタ・ア・エスパーニャを勝つ条件とは -過去6年間のTOP10のデータから-

2018 10/6 13:00對馬由佳理
,ブエルタ・ア・エスパ―ニャ,サイモン・イェーツ,ⒸSPAIA編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA編集部

選手にとって調整が難しいブエルタ・ア・エスパーニャ

9月16日にサイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)の総合優勝で幕を閉じた、今年のブエルタ・ア・エスパーニャ。当然、3週間の自転車レースで勝利を手にするのは簡単なことではなく、1年間のレース・スケジュールをうまく管理し、ストレスなく「フレッシュ」な状態でレースを迎えることが必要だ。

しかし、ブエルタ・ア・エスパーニャは、プロの自転車ロードレース・シーズンの終盤に開催されるため、「フレッシュ」な状態でレースを迎えられる選手は数少ない。

今回は、過去6年間の総合順位でTOP10以内に入った選手のデータを用いて、ブエルタ・ア・エスパーニャで勝つために必要な条件を導き出したい。

年度別走行距離から見えるレースのスピード化

各年TOP10選手たちのブエルタ開幕前に出走した、3つのデータに注目した。

1.レースの合計走行距離
2.レースの総日数
3.レースの数

ブエルタ・ア・エスパーニャ,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

まず、過去6年間のTOP10平均データから走行距離に注目すると、2015年を境にブエルタ前の選手たちの走行距離が急激に短くなっていることに気付く。また、2015年の平均走行距離は2014年の約48%しかないにもかかわらず、レース日数は2015年の方が多くなっている。

これは、ここ数年のヨーロッパ自転車ロードレースのスピード化を意味している。TVで長距離レースを見ている視聴者たちが退屈するのではと考えた主催者側が、スピーディーな展開を求めるため、レース距離を短縮する案を打ち出したのだ。そしてレースの距離が短くなった分、厳しい山岳コースを組み入れることで視聴者を飽きさせない中継が可能になった。

このような動きが顕在化し始めた2015年から、トップクラスの自転車選手のレースにおける年間走行距離も短くなり始めた。

おすすめの記事