「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大解剖】ツール・ド・フランスってどんな大会?見どころは?

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ahmed Akl / Shutterstock.com

自転車競技の中ではナンバーワンと言っても過言ではない大会。それが「ツール・ド・フランス」です。 今回はそんなツール・ド・フランスの概要や見どころについてご紹介します。 自転車競技に興味のある方は、ぜひご覧ください。

過酷な大会!ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランスがどんな大会かを一言で説明するならば、「過酷」ということが挙げられます。毎年7月に開催されるこの大会は、23日の日程で約3300kmもの距離を走行します。
しかも、そのすべてが平坦な道であるとは限りません。高低差は約2000mに及ぶ場合もありますし、使用されるコースはフランスを中心とした周辺のヨーロッパ各国にまで及びます。規模がとても大きく、キツい大会。それがツール・ド・フランスなのです。
なお、第1回大会は1903年に開催されており、非常に歴史ある大会でもあります。

全スポーツの中でもトップクラスの知名度!

ツール・ド・フランスは、自転車競技で一番大きな大会であるだけでなく、他のスポーツの大会と比べてもトップクラスの知名度を誇ります。3週間という会期はもちろんのこと、フランスとその周辺国までに及ぶレースは、自然と注目度が高まります。現在では200近い国と地域が、その行方をテレビ放送しています。
ちなみに、沿道に集まる観客には、選手が通過する1~2時間前に宣伝カーがやって来ます。そこでは、グッズの販売や選手応援用のTシャツの配布なども行われています。

おすすめの記事