「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

脱初心者!自転車競技におすすめのトレーニングを紹介

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Chris Herzog / Shutterstock.com

自転車競技の成績(タイム・順位)を良くするには、「トレーニング」が欠かせません。 そこで今回は、初心者の方におすすめのトレーニングを紹介していきます。特別な器具などを使わないものを優先して掲載します。 トレーニングを実践して、脱初心者を目指しましょう!

まずは慣れることから!ツーリングをしましょう

初心者にとってまず大切なのは「自転車に慣れること」です。自転車競技で扱う、ロードバイク、MTB、シクロクロスなどの自転車は、日常生活で使うママチャリやシティサイクルとはまったく別の乗り物です。乗り心地はもちろんのこと、身体の各パーツの位置、疲れ方なども違ってきます。
そのため、まずは乗ることに慣れるのが先決です。乗っていればいずれ慣れるものですが、「ツーリング(長距離の走行)」を行うことにより、風景を楽しみながら慣れることができるでしょう。
サイクリング用のガイドブックなどを参考に、走れるコースの有無を確認した上で出発しましょう。

筋肉は上半身の方が大切?

これは人によりけりではありますが、自転車に乗る以外にこれといったトレーニングをしない選手もいるそうです。「自転車に乗っていれば、脚の筋肉は自然に付くし…」という考え方ですね。もちろんそれは間違っていないです。ですので、脚よりも「上半身の筋肉を意識してトレーニングする」ことを忘れないでいただければと思います。
自転車は脚さえ鍛えればよいというものではないのです。鍛えられた上半身により、重心が綺麗に保たれます。そして、安定した重心により、効率的に脚にエネルギーを伝え、ペダルを踏むことができるからです。ウェイトトレーニングなどを行い、上半身を鍛えることを忘れないでくださいね。

おすすめの記事