「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知っておくべき!自転車競技のルール・用語のすすめ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ChiccoDodiFC / Shutterstock.com

スピード感がたまらない自転車競技。今回はそんな自転車競技についてしっておくべき、競技の種類やルール、用語などをご紹介します。 メジャーなものを種目別にご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

花形!スピード感溢れるロードレース

自転車競技の花形はやっぱり「ロードレース」でしょう。 きっと自転車に詳しくない方でも聞いたことがあるであろう、「ツール・ド・フランス」もこれにあたります。
この競技は、ロードバイクと一般道を使って、選手が同時にスタート。その着順を競う競技です。 ただこの他にも、選手ごとにスタートを別にし、結果的に決められたコースをどれだけのタイムで走ることができるかを競う方法もあります。
一般道を使うため、開催地の風景と、その街並みを走り抜ける選手の画がとても素晴らしいんですよね…。 また、その時の天気や風向き等の気候にも左右されるので、一筋縄ではいかない競技です。

スピード命!トラックレース

「トラックレース」は前項同様、着順およにタイムで競う短距離の競技です。使うのはロードバイクですが、後輪に固定ギア着用といった、変速機能などの使用は基本的に禁止です。また高速での周回となるため、外側にいくにつれ勾配が激しくなっている特別なトラックを使うことになっています。
規格によってその走行距離はまちまちですが、1㎞のレースだと60秒弱で選手たちは走り抜けます。 その時のスピードは時速にして約58㎞。自転車で車と同等の速度を出してしまうのですから、これはかなり速いですよ。その場で観ると、そのスピード感に唖然としてしまうこと間違いなしです。
また、このトラックレースには、2~4人で行う団体戦もあります。

おすすめの記事