「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知っておくべき!自転車競技のルール・用語のすすめ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ChiccoDodiFC / Shutterstock.com

スピード感がたまらない自転車競技。今回はそんな自転車競技についてしっておくべき、競技の種類やルール、用語などをご紹介します。 メジャーなものを種目別にご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

花形!スピード感溢れるロードレース

自転車競技の花形はやっぱり「ロードレース」でしょう。 きっと自転車に詳しくない方でも聞いたことがあるであろう、「ツール・ド・フランス」もこれにあたります。
この競技は、ロードバイクと一般道を使って、選手が同時にスタート。その着順を競う競技です。 ただこの他にも、選手ごとにスタートを別にし、結果的に決められたコースをどれだけのタイムで走ることができるかを競う方法もあります。
一般道を使うため、開催地の風景と、その街並みを走り抜ける選手の画がとても素晴らしいんですよね…。 また、その時の天気や風向き等の気候にも左右されるので、一筋縄ではいかない競技です。

スピード命!トラックレース

「トラックレース」は前項同様、着順およにタイムで競う短距離の競技です。使うのはロードバイクですが、後輪に固定ギア着用といった、変速機能などの使用は基本的に禁止です。また高速での周回となるため、外側にいくにつれ勾配が激しくなっている特別なトラックを使うことになっています。
規格によってその走行距離はまちまちですが、1㎞のレースだと60秒弱で選手たちは走り抜けます。 その時のスピードは時速にして約58㎞。自転車で車と同等の速度を出してしまうのですから、これはかなり速いですよ。その場で観ると、そのスピード感に唖然としてしまうこと間違いなしです。
また、このトラックレースには、2~4人で行う団体戦もあります。

競輪は日本発のトラックレース?

前項のトラックレースにならい、日本が独自に生み出したのが「競輪」という自転車競技です。
わかりやすく言うならば、トラックレースを同時に数人で行い競走するイメージでしょうか。 ルールやトラックの仕様はトラックレースとほぼ同じです。しかし、周回していく際には「規定時間」というものが儲けられており、この時間を下回っての周回を行うと選手は賞金の減額をうけます。多い時には半額にされるようです。
大人数で行い、走るコースの位置取り争いもあるので、転倒のリスクがかなりあります。 しかし、鬼気迫る選手たちの走りには目を見張るものがあります。最後の最後まで、レースの決着はわかりません。 この競輪はやがて国外へと広められ、シドニーオリンピックから五輪正式種目として採用されました。

激しさ抜群!MTB(マウンテンバイク)のダウンヒル!

MTB(マウンテンバイク)を使う競技の中でも「ダウンヒル」は、ずば抜けて激しい競技です。 整備されていない山や丘の急斜面を下る競技で、随所に見応えがあります。
コースとなるのは山や丘の他に、使用していない状態のスキー場である場合もあります。下りきった順番で成績をつけられますが、周回可能なコースである場合にはそのタイムで競われる場合もあります。
MTBには衝撃を吸収するためのサスペンションや、よく利く専用のブレーキが装着されています。 それらを上手く扱いながら、最適な走行コースを見定め、どんどんと下っていくのです。激しい身体の揺れ、自転車の扱いに耐えるべく、選手は身体を鍛えることを欠かしません。

環境に対応せよ!シクロクロス

シクロクロスも前項のMTB同様、荒れた道を進む競技になります。
しかし、そのコースの環境は少しアレンジがされています。荒れた斜面だけでなく、森、砂場であることもあります。時には自転車を担いで走る部分もあるのです。
コースの仕様はMTBに近いですが、具体的なルールは別物になります。 まず下るのではなく、周回が基本となります。さらに、コースには競技開始前から設定されている「目安の周回タイム」があります。そして、この時間にどれだけ近付けられるかというのが主な順位の決め方になります。
コースに上手く対応することができなければ、周回のタイムは良くなりません。選手の体力はもちろん、テクニックも求められるスポーツです。
また、シクロクロスは専用の自転車があり、ロードバイクのスピード性を有しつつも、耐久性があるのが売りです。そのため、普段使いで乗っている人もたまにみられます。

まとめ

自転車競技には、競技に使う自転車、コースも様々あります。 一見すると同じように見える自転車も、実は様々な特徴があったり、競技に則した造りになっているものなのです。 どれを観ても楽しいことは間違いなし!色々な自転車競技をご覧になってくださいね。

関連記事

おすすめの記事