「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トラックレースからBMXまで!自転車競技の種目まとめ

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by 1000 Words / Shutterstock.com

自転車といえば、ツール・ド・フランスのような長距離ロードレースや、1000mの短距離で行われるトラックレースが思い浮かぶかもしれません。 しかし、自転車競技は、走路や自転車の種類によってさまざまな種目に分けられています。 今回は、そんな自転車競技の種目について解説します。

ロードレース

自転車レースの代表的な種目といえば、ロードレースです。交通規制された一般道や公道で行われることが多いロードレースでは、持久力が試されることが多く、走行距離は長いレースだと数百キロに及びます。また、一日で終わらないことも多く、数日間にわたっての成績で勝敗が決する場合があります。
ロードレースに使用される自転車は、軽量で空気抵抗が少ないように設計されています。そのため、泥除けやチェーンカバー、スタンドなどが付けられていないことが特徴です。

トラックレース

トラックレースは、直線部とバンクのある曲線部からなるトラックを周回するレースです。トラックレースの中でさらに種目が細分化されており、個人スプリント、チームスプリント、チームパシュート、ケイリン、オムニアムなどがあります。走行距離も1000mから数十キロとさまざまです。
トラックレースにおいては、空気抵抗を考慮した走りが重視され、レース中盤までは列になって進んで体力を温存するというような、戦略的なレース展開を見ることができます。

おすすめの記事