「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

クリケットの競技人口は?人気上位の国を紹介!

2017 1/25 10:28
cricket player
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by callmerobin/Shutterstock.com

クリケットは「国内では知られてないけど、海外ではすごく人気のあるスポーツ」の典型かもしれません。競技人口は、バスケットボール、サッカーに次ぐ世界3位というメジャースポーツのクリケット。各国の競技人口や観戦人口、その背景などについてまとめました。

クリケットの正確な競技人口は不明かも?

スポーツの競技人口は正確な人数を把握することはむずかしいものです。プロや実業団のほか、大学や高校の運動部などは、その国の公式団体(たとえばクリケットなら日本クリケット協会)に登録されるため、おおまかな競技人口を把握することは可能です。しかし、アマチュアで楽しむ人の数となると、これを把握することはほとんど不可能だといえるでしょう。
クリケットの場合、一説にはバスケットボール(約5億人)、サッカー(約3億人)に次いで世界で3位(約1億5千万人)の競技人口といわれています。
ところが、アマチュア愛好家も含めた競技者の人数となると、サッカーが1位、クリケットが2位であるという説も根強くあります。これは、世界で2番目に人口の多いインドで、クリケットが非常に盛んであることが影響しているようです。

クリケット発祥国イングランドの競技人口は?

クリケットは16世紀のイングランドで生まれました。同じくイングランドを発祥地とするサッカーが19世紀にはじまったことと比較すると、クリケットが大変古い歴史をもったスポーツであることがわかります。
では、発祥地であるイングランドのクリケット競技人口はどうかといえば、正確な人数はわかっていません。イングランドには、クリケットを「豊かな伝統をほこる紳士のスポーツ」として尊ぶ国民性があることはたしかですが、肝心の競技人口となるとサッカーほどの人気はないようです。

おすすめの記事