「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界有数の歴史と人気をほこるクリケットの大会をご紹介!

2017 1/25 10:28
cricket player
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by SumanBhaumik/Shutterstock.com

バスケットボール、サッカーに次ぐ競技人口を有するといわれているスポーツ、「クリケット」をご存知ですか?日本ではまだあまり知られていませんが、海外では500年近い歴史と伝統をほこるスポーツなのです。今回はクリケット界で有名な国内外の競技大会をご紹介します。

伝統の「遺灰」争奪大会【ジ・アッシズ】

ジ・アッシズ(The Ashes)とは、イングランドとオーストラリアだけで行われるクリケットのテストマッチです。テストマッチとは、イングランドの自治領であったオーストラリアが、本国イングランドにスポーツで自らの力をテストする、という意味がふくまれています。
「The Ashes」とは遺灰のこと。1882年、イングランドが弱小チームだったオーストラリアに試合で負けてしまったことから、イギリス中のメディアが「イングランドのクリケットはもう死んだ」と騒ぎ立てました。この報道には、敵地オーストラリアで負けたイングランドは荼毘にふされ、灰になってしまったという皮肉がこめられていたのです。
それ以来、イングランドとオーストラリアのあいだで行われるテストマッチでは、勝者に与えられるトロフィーを遺灰が納められた骨壷になぞらえる慣習が生まれました。「ジ・アッシズ」という大会名はこの逸話に由来しています。

最大のクリケット大会はインドに!【インディアン・プレミアリーグ】

クリケットの発祥地はイングランドですが、現在、世界でもっともクリケットが盛んな国は実はインドです。インド国内で開催される「インディアン・プレミアリーグ」は、スタートしたのが2008年と歴史はまだ浅い大会ですが、1試合の平均観客動員数が3万人近くに達する規模をほこります。
リーグで活躍するスター選手の中には、年俸が2億円を超える選手がめずらしくないこともあり、インドの子どもたちにとってクリケットはあこがれのスポーツとなっています。

おすすめの記事