「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

チアダンサーになるにはどうしたらいいのか?チアダンサーへの道

2017 3/8 20:01Ai Sugimoto
チアリーディング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by View Apart / Shutterstock.com

映画『チア☆ダン』のように「未経験だけどチアダンサーになりたい!」、「世界で活躍してみたい!」と思う人もいるのではないだろうか。ここではチアダンサーになるにはどうしたらいいのか、チアダンサーに求められる要素について紹介する。

未経験でも部活やサークルに参加してチアダンサーになる!

学生の場合には「チアダンス」に関する部活やサークルに参加することがチアダンサーになる一番の近道ではないだろうか。
映画『チア☆ダン』の実写化モデルとなったのは、福井県にある福井商業高等学校のチアリーダー部JETS(ジェッツ)だ。厳しい練習を乗り越えて世界チャンピオンになる彼女たちだが、ほとんどの部員がチアダンス未経験の女子高生だった。
学校生活を毎日共にする仲間であるからこそ、チームワークと体力が求められるチアダンスにおいて、一つ一つの練習を乗り越えていけたに違いない。

未経験でもスポーツジムや教室に参加してチアダンサーになる!

では身近にチアダンスの部活やサークルがない学生、未就学児、社会人はどうしたらいいのだろうか。おすすめは、スポーツジムやダンス教室が運営している「チアダンス講座」に参加することだ。もちろん、チアダンスを専門に扱っている教室もある。
「チアダンス」と一言でいっても、教室によって演技の強みやカラーが異なる。そのため、気なる教室がある場合にはWebサイトやYoutubeを見たり、見学や体験教室で実際に足を運んでみたりすることが大切となってくる。

日本を飛び出して海外で活躍するチアダンサーに!

「『チア☆ダン』の女子高生のように世界で活躍できるようになりたい!」と憧れを持つ人もいるのではないだろうか。 チアダンサーを募集しているチームの中には、プロバスケットの最高峰NBAやプロアメリカンフットボールリーグNFLに活動実績を持つチアダンスクラブチームもチアダンス未経験者を募集している。
残念ながらクラブチームの場合には、ダンス未経験者による応募は難しいようだ。ヒップホップやジャズダンス、バレエダンスなどジャンルは問われていないが、ダンスの経験が必須となってくる。さらにルックスや体型、メイクチェックなども重視される選考内容の一つだ。

チアダンサーとして生活していきたい!

チアダンスが好きでたまらない人の中には「チアダンスを仕事にしたい!」と考えることもあるのではないだろうか。そういう人におすすめなのが、プロスポーツチームのチアダンサーとして活躍するという道だ。

国内のプロスポーツチームでは、

  • プロ野球(セ・リーグ、パ・リーグ)
  • Xリーグ(日本社会人アメリカンフットボールリーグ)
  • Bリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)
  • Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)

に所属するチームでチアダンサー・チアリーダーの募集があった。一部のチームではアクロバティックな動きを求められることもあるので、詳しくは各チームが出している募集要項や公式サイトで確認してほしい。

プロチームに所属するチアダンサーに求められるものとは?

プロスポーツチームに所属するチアダンサーには、ダンスの技術以外にもチームの花として司会や撮影などのタレント要素が求められてくる。ルックスや体型も重視されるため、オフの日でも気が抜けない。以下に求められる業務の一例を紹介する。

【プロスポーツチームのチアダンサーの活動】

  • チーム主催のファンサービスの参加やその準備
  • 各種イベントの司会や出演
  • チームPR活動
  • 各種媒体の取材対応や出演

などだ。 チームにもよるが、シーズン中はチア活動の優先が求められることもある。そのため献身的にチームを支える姿勢も大切となってくる。

まとめ

「チアダンサーになるにはどうしたらいいのか」について紹介した。人によってチアダンサーとして目指す場所や目標は違うと思う。自分がなりたい理想のチアダンサーを目指して、その目標へ少しでも近づけるようにアプローチしてみてはいかがだろうか。

関連記事

おすすめの記事