「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

キックボクシングに欠かせない5つの基本技総まとめ

2017 7/10 10:01takutaku
キックボクシング道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Gansstock/Shutterstock.com

立ち技系格闘技にはボクシング、空手、ムエタイなどさまざまありますが、上半身(パンチ、ヒジ)と下半身(キック、ヒザ)をバランス良く使った攻撃と、巧みなディフェンス技で構成されるのがキックボクシングです。 今回は、そんなキックボクシングの基本となる5つの技をご紹介します。

すべての攻撃の基本技「キック」

キックボクシングの技は大きくパンチとキックに分かれます。パンチの技術はボクシングとほぼ同じです。多彩なキックの応酬こそがキックボクシングの最大の特徴といえます。
キックは狙う場所によってローキック、ミドルキック、ハイキックの3種類に分けられます。その中でも、キックボクシングのすべての蹴り技の基本となるのがミドルキックです。
キックの大部分は胴体、特に腹部を狙いますが、これは人間の急所が胴体に集中しているからです。ミドルキックは、振りぬいた脚(足)が胴体に最短距離で到達することから、試合の中で最も重要な蹴り技となります。

KO狙いの必殺技「ヒザ」

キックボクシングの大きな特徴となる脚技が「ヒザ」です。ヒザを使った膝蹴りは、キックボクシングだけでなく、空手やプロレスなどでも多用される重要な技の1つです。特にキックボクシングと同じスタイルを持つムエタイでは、首相撲からヒザを打ち込むフィニッシュが定番のKOパターンです。
日本で行われるキックボクシングでは、ルール上首相撲が禁止される場合が多いのですが、やはりヒザを使った攻撃は一撃必殺の破壊力を持つ技といえます。
ヒザを繰り出すのは、相手選手と密着してパンチやキックを出せない場合です。ヒザそのものは射程距離が短いものの、組みついた状態で相手の腹部(みぞおちなど)にヒザが決まると、一発でダウンを奪うことができます。

おすすめの記事