「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

沢村忠からK-1まで。5分でわかる「キックボクシングの歴史」

2017 7/10 10:01takutaku
キックボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Serhii Bobyk/Shutterstock.com

キックボクシングの母国が日本だということをご存知ですか? 今でこそすっかり市民権を得ているキックボクシングですが、その歴史には激しい浮き沈みがありました。 誕生前夜からK-1まで、キックボクシングの歴史をざっくりまとめました。

キックボクシングの生みの親、野口修

「キックボクシングの生みの親は?」という問いに対して、あえて1人の人物を挙げるなら、「野口修」ということになるでしょう。野口氏はボクシングのプロモーターとして活躍していましたが、昭和34年にムエタイの前チャンピオンを空手家の山田辰雄氏に引き合わせた人物として知られています。
当時の山田氏は、まだ日本で普及していなかったフルコンタクト空手の構想を練っていました。フルコンタクト格闘技の王様であるムエタイチャンプとの邂逅が、キックボクシング誕生の種となったのです。
ムエタイから刺激を受けた日本の空手家たちは本場タイに遠征。現地で空手対ムエタイの興行を行い、見事2勝1敗と勝ち越します。
この結果を受けて、野口氏は従来の空手やボクシングにない新しい立ち技系格闘技を考案し、「キックボクシング」と命名しました。昭和41年には日本キックボクシング協会が設立され、ここに「日本生まれの格闘技キックボクシング」が正式に産声をあげたのです。

草創期のキックボクシングは何でもアリ!

キックボクシングの草創期は、現在のようなキック、パンチ中心の格闘技ではありませんでした。投げ技、関節技、頭突き、急所攻撃、ロープの反動を利用した攻撃などなど、まるでプロレスのような試合が当たり前でした。
なぜこのようなルールが認められていたかは、今となっては知る由もありませんが、寸止めや軽く当てるだけの従来の空手に飽き飽きしていた関係者が、観客を喜ばせるための「真剣勝負」を追求していった結果、このようなルールが広まったのだと推測されます。

おすすめの記事