「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

キックボクシングの上達の鍵!5つのキック「蹴り方」まとめ

2017 7/10 10:01takutaku
キックボクサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by aabeele/Shutterstock.com

キックボクシングの花形は「蹴り」です。 相手をダウンさせるハイキックから、動きをけん制するローキックまで、蹴りこそがキックボクシングの試合の流れを決定しているのです。 今回は、多彩な蹴り技の中から最も重要な5つのキックをピックアップし、蹴り方などのポイントをまとめました。

蹴り技の基本「ミドルキック」

キックボクシングのあらゆる蹴り技の基本がミドルキックです。
ハイやローに比べて、ミドルは相手の胴体に最も当てやすいキックなので、試合でも多用されます。ミドルを受けた相手に「なんだ、こいつ大したことないな」と感じさせてしまうと、メンタル面での戦いで大きく不利になるので、キックボクサーは何よりもミドルの練習に多くの時間を割くのです。
ミドルキックのポイントは、実はガードにあります。相手の動きが一瞬止まるハイキックや、ブロック体勢と併用可能なローキックに比べると、ミドルキックは放った側に隙ができやすい技です。たとえば、右のミドルキックなら、蹴りの瞬間に右腕を前方に出して相手のカウンターをけん制するようにします。また、左手で顔面をブロックしておくことも忘れずに。

柔軟性と重心移動がポイント!「ハイキック」

ハイキックは、主に頭部を狙う蹴り技です。当たれば大きなダメージを与えられますが、予備動作が大きいので命中する確率も低くなります。うまく当てるためには、ほかのパンチやキックと組み合わせるコンビネーションの中で使うことが重要です。
ハイキックのポイントは、まず柔軟性です。脚を相手の頭に難なく当てるには、股関節の柔軟性が欠かせません。また、すばやい重心移動も必要です。相手の頭部に脚を当てるには、重心をやや後方にもっていくのがコツです。

おすすめの記事