「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

驚愕の熱い世界!?日本最強レベルの女性キックボクサーを紹介!

2017 7/10 10:01SOL
女性キックボクサー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Giorgio Rossi/Shutterstock.com

ボクササイズの流行のおかげか、グローブをつけサンドバッグに向かう女性の数は上昇しています。 近年はそこから本格的に競技に取り組み、リングに上がる女性も増えてきました。 本稿では日本が誇る最強女性キックボクサーを紹介します。

日々進化を続ける女子キックボクシング界

日本が誇る女子キックボクシングコンペティションが”J-GIRLS”です。新宿FACEや後楽園ホールを中心に、年間を通して多くの大会を開催しています。
女子キックボクシングは、体重45.36kg以下のピン級、47.63kg以下のミニフライ級、以下フライ級(50.80kg以下)、バンタム級(53.52kg以下)、フェザー級(57.15kg以下)、ライト級(61.23kg以下)、スーパーライト級(63.50kg以下)と7つの階級に分かれています。
オーディションを定期的に開催しており、新人選手が続々と参加しています。

ダイエットから始まったピン級女王への道

現在のピン級女王は、静岡県出身でT-KIX GYM所属の松下えみ選手。28歳の頃にダイエットがきっかけでキックボクシングをスタート。徐々に競技志向に目覚めると、30歳でリングデビューを飾ります。
デビュー戦は敗れてしまいましたが、本人の勝負へのこだわりは覚醒したようで、以降も継続してリングに上がり続けます。試合数を重ねていくうちにプロデビューを意識するようになり、アマチュア戦19試合を戦った後にプロに転向します。
2014年、ピン級王座トーナメントで準優勝、2015年にはムエタイの本場・タイでムエタイルールにも挑戦。合計3本のチャンピオンベルトを持つ優れたファイターに成長しています。

おすすめの記事