「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知らない!? キックボクシングの階級分けをチェック!

2017 7/10 10:01SOL
キックボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Africa Studio/Shutterstock.com

近年はボクササイズの浸透もあり、キックボクシング人口は緩やかに増加傾向にあります。 脚を使わないボクシングと比べると、歴史も浅く認知度が高いとは言えないところですが、競技としても熱を帯びつつあります。 本稿では、そんなキックボクシングの階級についてフォーカスします。

ボクシングと同じく主催団体により階級分けの定義がある

主催団体により細かな階級分けは異なりますが、ここでは国際キックボクシング連盟(International Kickboxing Federation)が定めるキックボクシングの階級分けを紹介します。
男子の場合は最軽量のアトム級(53.1kg以下)から最重量のスーパーヘビー級(97.8kg以上)までの17階級、女子の場合はストロー級(51.4kg以下)からミドル級(72.4kg-75kg)までの12階級に分かれています。
男女すべての階級に世界王座とランキングが設けられていますが、競技人口は増加傾向にありつつも、すべてのクラスで競技が成り立っているとは言えず、王座空位のままとなっている階級もしばしば見受けられます。

世界王座もルールにより4タイプに分類される

同じキックボクシングという格闘技ながら、競技タイプにより4つに分類されています。
長ズボンの着用が義務で、1ラウンド中に8発以上の蹴りを繰り出す必要があるポイント制の「フルコンタクトルール」、さらに下半身への蹴りも有効打とされる「インターナショナルルール」、肘打ちや膝蹴りも有効で首相撲も許可される「ムエタイルール」、膝蹴り・肘打ちが禁止された「散打ルール」の4タイプです。
流血を伴いやすいファイターの安全面を考慮して、国によりまたは競技団体により有効打の定義が異なること、禁止されている打撃があることも多く、そのルールは完全に同じとは限らないのです。

おすすめの記事