「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千里の道も一歩から。初心者向けキックボクシングトレーニングを紹介

2017 7/10 10:01SOL
ボクシングジム
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oleg Bezrukov/Shutterstock.com

ボクササイズをきっかけに格闘技を始める人も多い昨今。 でも、「グローブをつけてリングに上がるなんてちょっと…」とためらっているそこのアナタ。 トレーニングは誰でも楽しくできるものなのでご安心を。 本稿では、初心者向けのキックボクシングトレーニングを紹介します。

3分1ラウンドのリズムを身体になじませてスタート

いきなりリングに上がるというわけではありません。まずはウォーミングアップから。
ボクシングジムに行くと、試合と同じ3分1ラウンドで時計が動きます。まずは準備運動とストレッチを1?2ラウンド分行いましょう。
身体が十分にほぐれたら、その後は縄跳びに挑戦。両足飛び、片足飛び(左右)など自身のレベルに合わせた飛び方でOK。リズム感やパンチを放つ時のステップなどを鍛えるための時間です。軽く息が上がるくらい、1?3ラウンド分で十分です。

もも上げトレーニングでウォーミングアップは完了

続いては鏡の前に立ち、もも上げのトレーニング。ただ闇雲に振り上げると怪我のもとになってしまいます。足の股関節の稼働をスムーズにするという狙いもあるので、ゆっくりじっくりやりましょう。
ポイントは、軸足を外に回しながら膝をまっすぐ上げること。もう1つのポイントは身体の軸。キックの際にぶれないように身体の軸を意識しながら、足を上げることが大切です。2?3ラウンドをかけて、足の可動域を広げてキックのトレーニングに耐えうる準備をしていきます。

おすすめの記事