「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシング界の奇跡、マニー・パッキャオ選手の6階級制覇を解説

2017 5/8 19:55SOL
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by catwalker / Shutterstock.com

ボクシング史に残る奇跡の一つに挙げられるのが、フィリピン出身のマニー・パッキャオ選手が現役のうちに達成した「メジャー団体における6階級制覇」だ。本稿では数々の絶対王者をマットに沈めて成し遂げた偉業のディテールに迫る。

2年半で2階級制覇を達成してスピード出世

マニー・パッキャオ選手は1978年生まれ、フィリピン出身のプロボクサー。1995年のプロデビュー以来、今も現役としてリングに上がり続けており、獲得したタイトル数だけでなくそのキャリアの長さからもボクシング史に名を残すレジェンドの一人だ。
初タイトル獲得は1998年12月で現役27戦目。チャチャイ選手(タイ)を破ってのWBC世界フライ級王座だった。1度の防衛を決めた後の試合で敗れ、次のステップに選んだのは3階級上のスーパーバンタム級。
2001年ラスベガスのMGMグランドアリーナで、IBF同級チャンピオンのレドワバ選手(南アフリカ)に挑戦し、3度のダウンを奪うなど圧倒する形で6回TKO勝ちを奪い、2階級制覇を達成する。

足掛け3年でようやく達成、メキシコ勢を次々に倒し3階級制覇!

スーパーバンタム級を4度防衛したパッキャオ選手の次の狙いはフェザー級だった。2003年11月に下馬評を覆すファイトを見せてマルコ・アントニオ・バレラ選手を破り、世界にパッキャオ選手の名を知らしめる勝利を奪う。ところが次に行われた当時のWBA/IBF統一王者ファン・マヌエル・マルケス選手との一戦は痛み分けのドロー決着。王座獲得に失敗してしまう。
次なるターゲットはスーパーフェザー級。2005年9月にヘクトール・ベラスケス選手とのWBC同級インターナショナル王座決定戦に臨み、見事10回TKO勝ちでインターナショナル王座を獲得。その後もエリック・モラレス選手などメキシコ勢を撃破し連続防衛を達成する。
そして2008年3月、WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチで再びマルケス選手と対戦。1度は苦杯を舐めさせられた相手を判定で辛くも倒し、悲願の3階級制覇を達成したのだった。

おすすめの記事