「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

マニー・パッキャオ選手と3人のメキシコ人ボクサーのライバル関係

2017 5/8 10:55SOL
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kathy Hutchins/Shutterstock.com

ボクシング界のスーパースターであり6階級制覇王者、マニー・パッキャオ選手。2016年一度は引退を表明したものの、その後撤回し現役を続けている。彼の長いキャリアを語る上で外せない3人のメキシコ人ボクサーのライバル関係に迫る。

パッキャオ選手と合わせて9度も対戦したライバルたち

紹介するメキシコ人ボクサーは、マルコ・アントニオ・バレラ選手、ファン・マヌエル・マルケス選手、エリック・モラレス選手の3名。
いずれもボクシングが盛んなメキシコでも英雄として知られるボクサーで、バレラ選手は3階級制覇、マルケス選手とモラレス選手は4階級制覇を達成した。3選手合わせてパッキャオとの対戦は9度、相当のキャリアと実績を持って対戦したものの、同世代のフィリピンの国民的英雄はかなりの難敵。壮絶な戦いを繰り広げた。

バレラ選手 世界的ボクサーに飛躍するきっかけ

バレラ選手との初対戦は2003年11月。パッキャオ選手がIBF/WBO世界スーパーバンタム級王者だった頃だった。階級を上げてきたパッキャオ選手は、リングマガジンフェザー級認定王者だったバレラ選手と対戦することになる。
バレラ選手は当時キャリア無敗を誇ったナジーム・ハメド選手(イギリス)やエリック・モラレス選手を相手に、圧倒的なボクシングで初黒星をつけるなど、フェザー級では向かうところ敵なしの強さを誇っていた。
しかし、ともに一発必中ではなく質実剛健のボクシングを展開する2人の対戦は、バレラ選手優位の予想を覆して、終盤までもつれる形に。パッキャオ選手は3回と11回にダウンを奪い、見事認定王者の座を奪うことに成功したのだった。
なお、2007年10月にもWBCインターナショナルスーパーフェザー級王者として再戦するが、ここではパッキャオ選手がバレラ選手を圧倒。ノックアウト勝ちこそ奪えなかったものの、大差での判定勝利を奪った。

おすすめの記事