「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

拳からほとばしる熱さ!日本が誇るおすすめのボクシング漫画

2017 5/8 19:55SOL
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Sergey Nivens/Shutterstock.com

最近5年間で12人の世界チャンピオンを生み出し、これまでにない好調ぶりを見せている日本のボクシング界。本稿では、チャンピオンたちも夢中になっていたかもしれない、日本が誇るボクシングをテーマにしたおすすめ漫画を紹介する。

昭和を代表するスポ根漫画の最高傑作「あしたのジョー」

まず忘れてならない名作といえば、やはり「あしたのジョー」だろう。梶原一騎原作、ちばてつやが作画を務めた、昭和を代表するスポ根漫画のひとつだ。週刊少年マガジンで1967年から7年にわたって連載された。
主人公は天性のボクシングセンスを持つ少年・矢吹丈。丹下段平という名伯楽との出会いをきっかけに、街中の不良少年からボクシング界にデビュー。さまざまな困難にぶつかり、葛藤を繰り返しながらも世界チャンピオンへと駆け上がっていくサクセスストーリーを描いた名作だ。

「あしたのジョー」が生みだしたさまざまな記録

原作だけでなく、1970?71年にかけて放映されたテレビアニメも記録づくめだった。全79話中の最高視聴率は29.2%、平均視聴率20%前後という、まさに国民が熱狂したアニメだったのだ。
ちなみに、矢吹丈の声を務めたのは、俳優のあおい輝彦さん。プロの声優ではなく若手俳優が声の仕事をするのは当時では稀なことだった。しかしこれがあまりにもはまり役だったため、以降のリメイク作品でもあおいさんが起用されることになった。
そして最も有名なエピソードが、矢吹丈の永遠のライバルである力石徹の作中での死についての話だ。対戦に向けた激しすぎる減量が原因で、激闘の後に死亡するというストーリー展開に日本中が涙し、悲しみに暮れた。劇作家・寺山修司さんの呼びかけで力石を追悼するための葬儀が開催。多くの読者が詰めかけたという逸話もある。

おすすめの記事