「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングの有名な入場曲を紹介

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: sportpoint/shutterstock.com

リング上で1対1の選手同士が拳をぶつけ合うボクシングでは、選手入場時には必ず入場曲が流れる。 入場曲は、試合の盛り上げにも一役買っていると言ってもいい大事なものだ。 各選手が選曲した曲の中でも有名な曲を紹介していく。

ボクシングと言えば映画『ロッキー』のテーマ

ボクシングの有名な映画と言えば『ロッキー』だろう。この映画で流れる曲は、人のやる気を出してくれる曲ばかりだ。ボクシングの入場曲としても『ロッキー』の曲を選ぶボクサーが多数いる。
3階級制覇を果たした亀田興毅は、『ロッキー4』のサントラに収録されたSurvivorの『Burning Heart』を入場曲に流していた。弟の亀田和毅は、世界王座を戴冠した試合で『ロッキー4』のサントラからRobert Tepperの『No Easy Way Out』を使用している。
トーマス・ハーンズは、ロベルト・デュラン戦などでロッキーのテーマの『Bill ContiのGonna Fly Now』を入場曲に使うなど、胸を熱くさせてくれる曲が多く、試合に臨むボクサーの気持ちを高揚させてくれることから、世界中のボクサーに使われている。

浪速のジョー・辰吉丈一郎の入場曲

あの浪速のジョーと呼ばれた日本ボクシング界のカリスマ、辰吉丈一郎の多くの試合で使われた入場曲といえば、John Barryの『死亡遊戯』だ。 辰吉選手は、WBC世界バンダム級王者に2度輝いた名ボクサーの一人で、その闘争心溢れるファイトスタイルと名勝負の数々、残した名言から多くのファンを惹きつけた魅力ある選手だった。
この入場曲は、ブルース・リーが主演した同タイトルの映画のテーマ曲だ。とても渋い曲なのだが、この曲以外で入場する彼の姿は想像できないほど定着した入場曲だった。辰吉選手の選曲のセンスの良さを感じる。

おすすめの記事