「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これぞ個性派、昭和ボクシングが生んだ名言集

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by http://www.jiji.com/

今よりも個性派のボクサーが多かった昭和の時代、人々はボクシングに熱狂しました。 そんなファンの心を熱くした昭和を代表するボクサーの名言を紹介します。

ボクサーと名言

ボクシングと名言は、実は切っても切り離すことはできません。それは、ボクシングが古の時代から続く人と人が拳で殴り合うという究極にシンプルなスポーツだからこそ、その奥はどこまでも深く、見る者の心を揺さぶるからです。そんな命をかけたやり取りをしている選手たちの言葉は、古今東西の名言としてボクシングファンの間では語り継がれています。
モハメド・アリのように饒舌なボクサー、ボクシングスタイルと同じく最低限の言葉で最高のパンチを繰り出す修行僧のようなハグラーなど、世界の名ボクサーの名言に勝るとも劣らない昭和のボクサーたちの名言集です。

「ワンヤ、カンムリワシニナイン」

沖縄県、八重山の方言で語られたこの言葉は「俺はカンムリワシになりたい」という意味。カンムリワシは日本では沖縄地方だけに生息する猛禽類です。
これは、石垣島という離島で決して裕福とは言えない家庭に育った昭和ボクシングを代表する選手、具志堅用高が昭和51年10月10日、世界タイトルを奪取した試合後に語った名言です。郷土への誇りと今まさに飛び立とうとする若きチャンプの高揚感が伝わってきますね。
彼の打ち立てた世界タイトル13度防衛の日本記録は、4団体制になった今も超える人はいません。

「俺はカンムリワシになりたい」

出典: 具志堅用高記念館

おすすめの記事