「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ベテランボクサー・河野公平の功績をチェックしよう!

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 https://thepage.jp/

35歳にして世界の第一線で戦い続けるプロボクサー・河野公平。 ボクシングファンの間では「タフボーイ」とも呼ばれるベテランボクサーが積み重ねてきた功績に迫る。

【河野公平の功績1】陸上からボクシングの世界へ

1980年に山梨県中巨摩郡櫛形町(現在の南アルプス市)で生まれた河野公平。ボクシングとの出会いは高校生の時、陸上部に所属していた頃に読んだボクシング本がきっかけだった。
陸上の世界から大きく方向転換してワタナベジムに入門。ジムの近くに住みながらひたすら練習に明け暮れ、ボクサーとしてのベースを学び磨くこと2年間、2000年11月22日、19歳でプロデビューを迎える。4ラウンドを戦い0-2の判定負けとなるが、常に前に出て仕掛けるファイターとしての持ち味を発揮し、プロ2戦目で初勝利を奪う。

【河野公平の功績2】2007年、日本王者・東洋太平洋王者に輝く

プロ初戦の敗戦以降、負け知らずのまま7連勝を飾り、その後2002年11月には東日本スーパーフライ級新人王を獲得。全日本新人王決定戦では敗れたものの、約4年をかけて実戦経験を積み、2007年2月に日本スーパーフライ級王者奪取に成功する。
同年10月にはOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦でエデン・ソンソナ(フィリピン)と対決。一進一退の攻防を最終ラウンドまで繰り広げ、2-1で判定勝ちを収めてタイトルを獲得した。ここから世界挑戦を視野に入れた戦いを続けていくことになる。

おすすめの記事