「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングだけでなく差別とも戦った“モハメド・アリ”の功績と人生

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Stamptastic / Shutterstock.com

ボクシング界においてもっとも有名で人々に影響を与えた“モハメド・アリ”。 「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という彼のスタイルを表すフレーズはあまりにも有名だ。 リング以外でも“戦争”や“差別”と戦ったモハメド・アリの功績や人生を紹介する。

幼少期のモハメド・アリとボクシングとの出会い

1942年1月17日、アメリカのケンタッキー州ルイビルで生まれたモハメド・アリ。旧名は「カシアス・マーセラス・クレイ」。
彼のボクシングとの出会いは、12歳になったある日の出来事がきっかけだった。父親から誕生日に買ってもらった自転車を盗まれてしまったモハメド・アリは、宝物として大切にしていたこともあり、警察に盗難届けを出した。「ドロボウを見つけたらぶちのめしてやる」と泣き叫ぶ彼に対応した警察官がボクシングジムのトレーナーだったこともあり、その警察官の勧めでボクシングを始めることになったのだ。

始めてすぐにボクシングの才能が開花したモハメド・アリ

ひょんなことがきっかけで警察官の勧めによって始めることになったボクシング。モハメド・アリはジムに入門すると、わずか8週間でアマチュアボクサーとしてリングに上がる。
初戦は同じく新人のロニー・オキーフ。モハメド・アリは見事初戦を判定勝ちで勝利する。その後もケンタッキー州で開催された試合で数々の優勝を果たし、1959年から全米大会を2年連続で制し、ローマオリンピックの代表選手に選ばれることになった。

おすすめの記事