「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングの印象的な名試合と名実況

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Sergey Nivens/shutterstock.com

白熱するボクシングの試合を沸かす実況はボクシング観戦に欠かせないものだ。 アナウンサーの実況はボクシングの試合をさらに熱くさせてくれる。 ボクシングの試合の中で多くの観客の記憶に残った名実況を紹介していく。

名実況アナウンサーといえば逸見さん

故人である逸見政孝さんの実況は今も歴史に残るシーンを思い出させる。スポーツアナウンサーとしても活躍されていた逸見さんは、輪島功一さんの世界タイトルマッチをはじめ、数々のプロボクシング中継を担当していた。ボクサーより先に倒れてしまうのではないかと思われるほどの大絶叫は印象的だった。
柳済斗との試合で見せた、輪島さんのカエル跳びアッパーは、逸見さんの実況にも熱がこもっていた。生前、逸見さんはこの試合の実況を「アナウンサー人生で一番印象に残ったこと」とも表現されていた。

耳に残る名調子、本多当一郎の名実況

ボクシングをはじめ、大相撲やプロレスなどの格闘技を中心にスポーツ実況中継アナウンサーとしても名高い本多当一郎アナウンサー。ボクシング実況の大ベテランだ。
1967年アルゼンチンでの世界フライ級タイトルマッチ「海老原博幸VSオラシオ・アカバロ戦」、世界ヘビー級タイトルマッチ「アリVSヘレル戦」の実況中継は特に印象的だった。また「大場政夫VSチャチャイ・チオノイ戦」の1Rでの「大場苦しそう!」の連呼も有名だ。12Rでの大場の連打、そして防衛が強烈な印象を残した試合だった。

おすすめの記事