「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

白熱のボクシングワールドカップを観戦しよう!チケットの取り方や見どころは?

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Paolo Bona/shutterstock.com

選手も観客も白熱する競技、ボクシング。たくさんの階級があるボクシングは、ワールドカップも階級別に行われています。 今回は、ボクシングの概要やワールドカップのチケットの取り方、観戦のマナーについて解説し、その見どころについてもご紹介したいと思います。

ボクシングチャンピオンはなぜ大勢いるのか

ボクシングのワールドカップは、大きく分けてプロとアマチュアの大会に分けられます。そして互角の相手と対戦ができるよう、それぞれの体重によって階級が分けられています。
プロボクシングは、47.627kgのミニマム級から90.719kgのヘビー級までの17階級、アマチュアボクシングは、15歳以上18歳未満のジュニア45kg以下のモスキート級から91kg以上のヘビー級までの13階級に分かれています。18歳以下が参加するユース向け大会は、49kg以下のライトフライ級から91kg以上のスーパーヘビー級の10階級に分かれています。
女子プロボクシングは、46.26kg以下のアトム級から79.38kg以上のヘビー級までの17階級に分かれています。アマチュアは、46kg以下のピン級から80kg以上86kg以下のヘビー級までの13階級に分かれています。
このようにたくさんの階級や種類に分かれているため、ボクシングのチャンピオンは多く存在することになります。

ボクシングワールドカップの種類は

ボクシングワールドカップもたくさんの種類があり、さまざまな国で大会が開催されますが、日本でも開催されています。
プロボクシングは、WBC世界バンタム級タイトルマッチ、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ、IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ、IBF世界スーパーバンダム級王座決定戦など、それぞれの階級ごとにたくさんの種類のタイトルマッチがあります。
アマチュアボクシングは、AIBA世界ボクシング選手権、AIBA世界女子ボクシング選手権、AIBA世界ワールドカップ、AIBAプレジデントカップ国際トーナメント、17歳~18歳が参戦できるAIBA世界ユース選手権、16歳以下が参戦できるAIBA世界ジュニア選手権などがあります。

おすすめの記事