「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングの醍醐味!ボディブローでチャンプになった5人の名手

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Lordn/shutterstock.com

ボクシングの玄人好みのパンチといえば「ボディブロー」。 ストレートやフックに比べると見た目が地味に見えるが、実は強力なパンチなのだ。 巧みなボディブローで頂点にのぼりつめた名ボクサーたちを紹介する。

ボディ・スナッチャー【マイク・マッカラム】

ボディブローの名手として最初にあげたい選手はマイク・マッカラム選手だ。
3階級制覇を成し遂げたジャマイカの英雄は、182cmの身長に2m近いリーチという恵まれた体格と卓越した技術を兼ね備えたいぶし銀のボクサーだ。上体をスイングして相手のパンチの狙いをずらしつつ近づき、体軸を微動だにさせない安定感抜群のハードパンチを顔面とボディに打ち分けるスタイルは芸術とすらいえるボクシングだった。
「ボディ・スナッチャー(ボディを奪う者)」というあだ名は、まさにマッカラムのボクシングスタイルを的確に表現している。

怪物の放つ強烈なボディブロー【カルロス・サラテ】

メキシコの世界バンタム級王者カルロス・サラテは、1970年代から80年代にかけてのボクシング界においてはスーパー・ヒーローだった。
階級は軽量級だったが、その強烈なパンチでKOの山を築いていき、プロの戦績は70試合66勝63KOという輝かしいもの。その原動力となったのがボディブローだ。長いリーチを活かしたボディブローを相手のレバーに打ち込み、ガードが乱れたところへ強烈なアッパーをくらわすスタイルは、「怪物」と呼ばれるほどの破壊力をもっていた。

おすすめの記事