「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングのアッパーがグングン強くなるちょっとした上達のコツ

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marcos Mesa Sam Wordley/www.shutterstock.com

ボクシングのアッパーがなかなか上達しなくて悩んでいる方はいらっしゃいませんか? よりよいアッパー上達にはちょっとしたコツがあるのです。 そこで今回は、アッパーがぐんぐん強くなる上達のコツをご紹介します。

右アッパーと左アッパー上達のコツ

下部から上部へ、腕を曲げたまま突き上げて繰り出すアッパーは、接近戦でその威力を発揮します。右アッパーは左に比べて隙は多いものの、威力が高いのでKOを狙えるパンチです。威力をさらに高めるコツは、相手へパンチが当たった瞬間に手首の捻りをつけたすことです。
左アッパーは右に比べるとやや威力が低いのですが、ロングとショートを使いこなせば相手のディフェンスを崩すことができます。接近戦でのアッパーは、相手にとって死角となる斜め下の軌道を描きます。タイミングと距離感を見極めれば相手の隙を突くことが可能です。

アッパーカット上達のコツ

チン(顎)を狙って打つアッパーカット、やってみるとわかると思いますが、なかなか当たりませんね。それはなぜでしょうか。
一つ目は、フォームが大きすぎて相手に「アッパーが来る」とわかってしまい、避けられているからです。アッパーを出すコツは、フォームを小ぶりに、そしてコンビネーションを交えて打つことになります。
二つ目は、チンを狙いすぎて空振りしていることです。アッパーを顎にガッチリと入れるためには喉を狙いましょう。喉をこすり上げるように打つとジャストミートする確率がアップします。

おすすめの記事