「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本ボクシング界の偉人5人

2016 7/23 23:12
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングファンの方へ。「名ボクサー」と呼ばれるボクサーは数多くいますが、その中で「偉人」と呼ばれるボクサーを知りたいですよね。
今日はこれまでにリングから夢と感動と愛を与えてきた、日本ボクシング界の偉人たちをご紹介します。

「感動を呼ぶカンムリワシ」日本ボクシング界の偉人・具志堅用高

日本人男子選手として最多記録となる世界タイトル13度防衛の記録を持つのが具志堅用高です。最近はバラエティ番組での活躍が目立つ具志堅用高も、まぎれもなく日本ボクシング界の偉人です。
1976年に世界タイトルを奪取した具志堅は以降13回のタイトル防衛に成功しますが、そのうち8回がKO勝ちと高いKO率を誇りました。そして迎えた、地元・沖縄県での14度目の防衛戦。既に闘争心を失いつつあった具志堅は試合で2度のダウンを喫しTKO負けで王座から陥落しました。
生涯初の敗北を喫した具志堅はその後引退。世界タイトル13度防衛の金字塔はいまも日本ボクシング界に燦然と輝いています。

「ボクシングへの愛、息子への愛」日本ボクシング界の偉人・辰吉丈一郎

歴代の日本人世界チャンピオンの中で、最もボクシングに対する「愛」を感じるのが辰吉丈一郎です。2016年現在、「引退」を宣言していない辰吉丈一郎ですが、試合の影響で網膜剥離となったときや薬師寺保栄との統一戦に敗れたときなど、何度となく引退の危機に瀕しています。
そのたびに、現役続行を模索し続けてきた辰吉丈一郎が再びリングに上がる日が来るのでしょうか。そして、2015年にプロデビューを果たした次男・辰吉寿以輝選手にも辰吉丈一郎の「愛」を感じます。2016年4月時点で4戦4勝の辰吉寿以輝選手に対し、父である辰吉丈一郎は厳しくも温かいコメントを残しています。ボクシングへの「愛」、息子への「愛」、二つの愛を胸に戦い続ける辰吉丈一郎も、日本ボクシング界の偉人のひとりです。

「日本中に感動を与えた男」日本ボクシング界の偉人ファイティング原田

ファイティング原田が持つ19歳6ヶ月での王座戴冠という記録は、当時は日本人最年少、2016年現在でも2位の記録です。ファイティング原田はその後タイトルを失うものの1965年に世界バンタム級の王座を奪取。以降4度の防衛を重ねました。
ファイティング原田の凄さのひとつは「日本人で初めて世界ボクシング殿堂入りを果たした選手」であるところでしょうか。2016年現在、世界ボクシング殿堂に入っている3人の日本人のうち、選手経験者はファイティング原田ただひとりです。また、現在「ファイティング」という名が偉大な功績を称え欠名扱いとなっているという話も、その凄さを語るエピソードです。

「夢を追い続けたボクサー」日本ボクシング界の偉人・西澤ヨシノリ

「おやじボクサー」と呼ばれ47歳まで現役で戦った西澤ヨシノリも、日本ボクシング界の偉人に挙げたいと思います。日本のボクシングではボクサーの安全面を考慮して、37歳の誕生日を迎えるとライセンスは失効となります。(現役王者など一部の選手には特例としてライセンスが交付される特例があります)しかし西澤は現役にこだわりつづけることで特例を改正させました。
その後西澤は2011年にマイナー団体の王座ではありますが世界王座を獲得。このとき45歳でした。翌々年の2013年、西澤は47歳で引退。決して有名な選手ではありませんでしたが、夢を追い続けることの大切さを自ら実践していた名ボクサーでした。

「感動の『番狂わせ』で王者に!」日本ボクシング界の偉人ガッツ石松

現在タレントとして活躍しているガッツ石松も、日本ボクシング界の偉人のひとりです。世界タイトル5度の防衛を重ねた名王者のガッツ石松ですが、世界タイトル初挑戦は「番狂わせ」が生んだものでした。1970年1月に行われた東洋ライト級王者ジャガー柿沢との一戦で石松は世界タイトル挑戦がほぼ決まっていた柿沢に番狂わせの勝利。
その後石松は同年6月にパナマで世界王座に挑戦しました(結果は敗戦)。そして、4年後の世界タイトルの奪取時も圧倒的不利の予想を跳ね返しての勝利でした。その後約2年間世界タイトルを保持していたガッツ石松のボクサーとしての評価の高さは「アジア人初のWBC世界ライト級チャンピオン」であること、そして数々の劣勢を跳ね返してきた強さではないでしょうか。

まとめ

日本ボクシング界の偉人として5人の元選手を挙げましたが、もちろん偉大な選手は他にもたくさんいます。
選手のいろいろなエピソードを調べてみるのも面白いですよ。

以上「夢と感動と愛を与えた日本ボクシング界の偉人5人」でした。

関連記事

おすすめの記事