「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングでストレートを極めたい!5つの上達のコツとは?

2016 12/9 12:03
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint / Shutterstock.com

ボクシング練習生の方へ。 「もっとストレートを極めたい!」と考えている人のために、 今回はストレート上達のコツを5つご紹介します。

ストレートに欠かせない、腕の動き

うまいストレートを繰り出すためには、何度も「腕の動き」を覚えることが大切です。ストレートでは、腰の動きや足の使い方も重要ですが、何よりも「正しいストレート」を体に染み込ませてください。
腕の動きの基本は、「顎の位置から真っすぐに伸ばす」。腰を回さずに、手打ちで繰り返し練習するだけでも、上達します。拳が下がってから打つ癖がある方は、まずは「腕の動き」から見直してみるようにしましょう。腰や足の動きを考える前に、「パンチを繰り出す動き」を正しく直す方が、上達が早いです。

ストレートの「腰」と「足」の使い方

真っすぐきれいなストレートパンチを出せるようになったら、それに「腰」と「足」を使っていきます。 「腰」は、体重を乗せながら回すイメージです。回すことばかりを意識してしまうと、せっかく身に付けたストレートパンチも、拳が下がったような打ち方になってしまいます。「腰」は体重を拳に乗せるための「サポート」のような感覚で捉えましょう。「足」は、後ろ足の蹴りを利用して、拳に体重を乗せます。
「腰」による体重移動と、「足」による体重移動が合わさることで、強烈なストレートパンチを繰り出せます。

おすすめの記事