「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングのディフェンスの種類、特に使える5つを一挙ご紹介!

2016 12/9 12:03
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by wavebreakmedia / Shutterstock.com

ボクシングに興味がある方へ。 もっとボクシングの戦術を知りたい人のために、 今回は「ボクシングのディフェンスの種類」を5つご紹介します。

パアリングは、相手のパンチを受け流すディフェンス

「相手のパンチを受け流す」。これができるディフェンスが、「パアリング」と呼ばれるものです。
パンチを内側にはじくことで、相手の攻撃を無効化できる特徴があります。比較的簡単に覚えられるディフェンスであり、ジャブやストレートに対して特に効果的な技です。フックをパアリングしようとしても、タイミングを合わせるのが難しいです。素直にガードするほうが得策の場合もあります。
外側にはじいてしまうと、次のガードに間に合わないので注意しましょう。パンチをはじくというより、相手の手首をはじくほうが成功しやすいです。

ブロッキングは、ボクシングの要(かなめ)

ブロッキングは、ボクシングのガードの基本であり、とても重要なディフェンスです。ブロッキングが甘いと、ガードの上からでもKOされてしまいます。
やり方は、腕をL字型にするだけです。通称「L字ガード」とも呼ばれ、L字ガードを極めることで、試合がとても有利になります。しっかり力を入れてガードしましょう。
ブロッキングがうまい選手として、ジョシュア・クロッティ、ドナルド・カリー、ロナルド・ライトらが挙げられます。ほかにも、ブロッキングはドイツ選手の動きが参考になるでしょう。

おすすめの記事