「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングの名勝負を生んできた4人の名レフェリー

2016 12/9 21:03
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Everett Collection / Shutterstock.com

ボクシングは1対1の真剣勝負で、非常に見る者を興奮させてくれるスポーツだ。ボクシングには過去に数々の名勝負があった。名勝負の一つ一つに、戦う前から試合を終えた後まで様々なドラマがあるが名勝負には名レフェリーが欠かせない。そんな名レフェリーのエピソードを紹介する。

殿堂入りの名レフェリー リチャード・スティール

リチャード・スティールは、2014年にレフェリーとして国際ボクシングの殿堂入りをした名レフェリーだ。 スティールは、元ボクシング選手でもあり、アマで12勝3敗、プロでは16勝4敗のキャリアを残している。
レフェリーとしては、ストップの早さが有名だった。特に強い印象を残した試合は、フリオ・セサール・チャベス対メルドリック・テイラー戦だ。当時パーフェクトレコードを誇っていたチャベスに対し、スピードを活かしリードを奪ったテイラーだったが、最終ラウンド終了残り17秒の所でチャベスの強打を浴びてダウンした。何とか立ち上がったテイラーだったが、返事をしなかったテイラーに対しスティールはKO負けを宣告。この結果は論争を呼んだ。
その他にもマイク・タイソン、シュガー・レイ・レナード、辰吉丈一郎の世界王座戦のレフェリーも努めた名レフェリーの一人だ。

1990年代に活躍した名レフェリー ミッチ・ハルパーン

ミッチ・ハルパーンは、アメリカで活躍した名レフェリーで、前述のリチャード・スティールに弟子入りをして1991年にレフェリーとしてデビューをした。 キャリアを重ね、1999年には世界的に注目を集めたオスカー・デラ・ホーヤ対アイク・クォーティー戦のレフェリーも担当した。 その他にもあのマイク・タイソンやレノックス・ルイスなどのビッグマッチのレフェリーを務めた。世界戦を努めた試合は、87試合にのぼる。
2000年3月12日には、日本で行われたWBA世界ライト級タイトルマッチ坂本博之 vs. ヒルベルト・セラノのレフェリーも努めた。 残念ながら33歳の若さで逝去してしまったが、その若さでありながら厳格で公正な判断を下せる事の出来た、魅力のある名レフェリーだった。

おすすめの記事