「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最低限覚えておきたいボクシングの基本ルール5つ

2016 12/9 12:03
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dziurek / Shutterstock.com

ボクシングは、拳のみを使って1対1で戦う真剣勝負のスポーツです。見た目は、拳と拳をぶつけ合う戦いというわかりやすいスポーツですが、基本ルールを知っている人は割と少ないかもしれません。男子と女子のルールにも違いがあります。そこでボクシングの基本ルールについてわかりやすく紹介します。

勝敗について

ボクシングの試合は、主にKO(ノックアウト)又は判定で勝敗が決まります。
KOは、パンチにより相手がダウンし10カウント以内に立ち上がれなかった場合です。ダウンしなくても明らかに不利な状態になった時、試合続行が不可能な場合はTKO(テクニカルノックアウト)となります。本人又はセコンドがギブアップした時(よく見られる例はタオルを投げ込む)もTKOとなります。また相手が故意に反則をした場合や反則を繰り返した場合は、失格となります。
決着が付かずに規定のラウンドを戦い終わった時は、判定となります。

判定の採点について

判定は、3人のジャッジが各ラウンド毎に採点を行い、10点満点の減点方式です。
差がない場合は10対10。一方が有利だった場合は10対9。一度ダウンをした場合や一方的に攻められる事が多かった場合は10対8。二度のダウンやKO寸前の場合は10対7となります。
10ポイントマストシステムの場合は、有利な方に必ず10点が付けられます。反則の減点は、合計点から引かれます。 3人のジャッジが3対0で勝利を支持した場合はユナニマス・デシジョン、2人が支持し1人が引き分けの場合は2対0でマジョリティー・デシジョン、2人が支持し1人が反対を支持したら2対1でスプリットデシジョンとなります。

おすすめの記事