「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボクシングのオリンピック出場資格とは

2016 10/27 18:11
ボクシング オリンピック 写真
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by katatonia82 / Shutterstock.com

2012年のロンドンオリンピックで、44年ぶりに金メダルと銅メダルを獲得したボクシング。オリンピックでメダルを取ることはもちろん大変ですが、出場資格を得るのも大変なようです。ボクシング競技でオリンピックに出場するにはどうしたらいいのでしょうか。

出場資格を得るには

オリンピックへの出場資格を得るには、アマチュアの大会で好成績を収める必要があります。
選考大会になっているのは5大会で、【世界ボクシング選手権】【ワールド・シリーズ・オブ・ボクシング】【アジア・オセアニア予選(5大陸予選)】【世界予選】【世界最終予選】です。
これらにおいて、大会ごとに異なるものの、1~5位に入賞した選手に、オリンピックへの出場資格が与えられます。また、開催国は全ての階級に1人出場させることができます。

ライト級成松大介の出場資格は

ライト級でオリンピック出場を決めた成松大介。172cm、60kg、東京農業大学から自衛隊体育学校に入隊し、オリンピック出場を目指してきました。
彼の出場資格は、今年3月23日~4月3日に中国で開かれた【アジア・オセアニア予選(5大陸予選)】において、3位に入賞したものです。わずか12日間、中1日で計4試合も行うハードな大会で3位決定戦を乗り越え、リオデジャネイロオリンピックのボクシング代表1番乗りを果たしたのです。

おすすめの記事