「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の新星・井上尚弥の功績をチェックしよう!

2016 10/24 19:31
井上尚弥Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

世界チャンピオンを続々と輩出し、日本ボクシング界は過去に例を見ないほど「最盛期」を迎えている。 本稿では、日本ボクシング界が誇る期待の星である井上尚弥が残してきた功績にスポットを当てる。

【井上尚弥の功績1】高校時代から国内外で活躍してきた逸材

1993年、神奈川県座間市で生まれた井上尚弥。ボクシングとの出会いは小学1年生の頃。父がジムを経営しており、グローブをつけることは必然だったのかもしれない。小学6年生で初めて試合に出場、少しずつ実戦経験を積みながらボクシングの面白さを追求していく。
新磯高校に進学してボクシング部に所属すると、1年生ながらインターハイ・国体・選抜で優勝、2年時には世界ユース選手権ベスト16、全日本アマチュア選手権大会で準優勝と、活躍の場を高体連大会以外に移しても一定以上の結果を残してきた。
高校3年生になった時には、国内ではインターハイと全日本選手権を制覇。国外でも世界選手権ベスト16、アジア選手権で準優勝と、世界にも通用するポテンシャルを有していることを証明した。

【井上尚弥の功績2】異例の8回戦でのプロデビュー

高校7冠という素晴らしい記録を引っさげて、卒業後にプロ入りを志した井上は、大橋ジムに入門する。記者会見の場で(当時は井岡一翔が持っていた)世界王座最短奪取記録を塗り替えることを宣言。プロテストに一発合格すると、2012年7月2日にプロデビュー戦を迎える。
拳を交えるのは、東洋太平洋ミニマム級7位のクリソン・オヤマオ(フィリピン)。格上の相手にひるむことなく1ラウンド開始のゴングからパンチを打ち込み、すぐにダウンを奪うと、4ラウンドに放ったボディがクリーンヒットして見事なKO勝ち。10代で8回戦でのデビュー戦は史上初、会場も超満員の中で行われた異例づくしの一戦だった。

おすすめの記事