「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

前人未踏!13回のタイトル防衛 ボクシング・具志堅用高の功績

2016 10/24 19:31
ボクシング チャンピオン
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 number.bunshun.jp

現在はタレントとしてクイズ番組でユニークな解答をとばす具志堅用高は、かつて”カンムリワシ”の異名をとるボクシングの”世界チャンピオン”だった。 ここでは、アフロヘアとひげが印象的な具志堅用高の偉大な功績を紹介する。

具志堅用高の生い立ち

沖縄県石垣市(石垣島)生まれ、子供の頃は野球が好きだったそうだ。中学の夏休みはパイナップル園でアルバイト。背中にパイナップルの入ったかごを背負い、斜面をかけおりる苛酷さだったが、何と素手(拳)でこっそりパイナップルを打ち砕いて食べていた。
身長が低かったため希望の野球部には入れなかったが、高校でボクシングに出逢う。生来のサウスポーとよく食べても太らず減量の必要がないなど、資質に恵まれていた。3年生の時、インターハイ・モスキート級で優勝している。

プロボクサーになったいきさつ

高校卒業後、拓殖大学にスポーツ推薦枠で入学が決まり、オリンピックを目指すため上京したところ、空港で協栄ジムのマネージャーに勧誘され、半ば強引に連れられてそのままジムに入門してしまったという、まるでマンガのようなストーリーに本人も家族も驚きだ。
当初は沖縄県と東京の暮らしぶりの違いに戸惑ったが、アルバイトをしながら真面目に練習に打ち込んだ。当時は最軽量級がフライ級だったため小柄な彼は苦戦したが、それでも1974年のプロデビュー戦は判定勝ちを収めた。
その後、ジュニアフライ級(現在のライトフライ級)ができて転向すると、メキメキと頭角を現す。国内上位の選手に連勝すると、1976年にアメリカのセサール・ゴメス・キーにKO勝ち。そこから世界王者への挑戦が始まる。

おすすめの記事