「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界のカリスマ・辰吉丈一郎の功績をチェックしよう!

2016 10/24 19:31
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 jpba.gr.jp

「浪速のジョー」と呼ばれ1990年代に絶大な人気を誇ったボクサー・辰吉丈一郎。 誰にでも明るい性格で人気も高く、生涯現役にこだわるスタイルでファンからの支持も厚いこの男が残してきた功績に迫る。

【辰吉丈一郎の功績1】いじめられっ子、大阪帝拳ジムに入門

幼い頃に両親が離婚し、父親に育てられた辰吉丈一郎。幼少期よりボクシングを仕込まれ、中学生で大阪帝拳ジムに入門する。ボクサーとしてのメンタルの強さが知られてしまった今では信じられないことだが、小さい頃はいじめられっ子だったとのこと。父親に教えられたのは喧嘩仕込みのボクシングだった。
いじめられっ子を脱却した辰吉は、中学の恩師の薦めで卒業と同時に大阪帝拳ジムに入門。ボクサーとしてのキャリアを本格的に歩み始める。サウナや立ち食いうどん屋でアルバイトをしながら生計を立てつつ、実力をつけていく。

【辰吉丈一郎の功績2】日本王座から世界王座

全日本社会人選手権優勝など十分なアマチュア成績を引っさげてプロデビューを果たしたのが1989年。2ラウンド47秒でKO勝ちを収める上々の滑り出しだった。その強さのため日本人ボクサーからは対戦を回避される存在となり、海外選手とのノンタイトル戦を経て、翌年岡部茂を破り日本バンタム級王者に輝く。
世界戦を見据えてフィリピン、ベネズエラの選手と3試合をこなし、WBC世界バンタム級王者であるグレグ・リチャードソン(アメリカ)との対戦が決定。実績だけで見れば格上のリチャードソンを相手に試合を終始支配した辰吉は、10ラウンドでTKO勝ちを収めて世界の頂点に立つ。デビューから8試合での世界タイトル獲得は当時の日本最速記録だった。

おすすめの記事