「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

浪速のロッキー、赤井英和がボクシング界に残した功績

2016 10/24 19:31
ボクシング、ゴング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://boxingnews.jp/

日本ボクシング史上最も個性的だったボクサーの一人、赤井英和。 人気先行と揶揄されることもあったが、そのカリスマ性と見ている者を一瞬で自分世界に引き込んでしまう魅力は、多くのボクシングファンを生み出すことになった。 それこそが彼の一番の功績なのだ。

赤井英和、伝説のアマチュア時代

通天閣がすぐそこにそびえる大阪は西成区に生まれた赤井秀和は、大阪では知らない者がいない暴れん坊であり、当代随一の人気ボクサーとなる前から「喧嘩最強の男」としてその存在は有名だった。
浪速高校から近畿大学へと進み、オリンピックを目指すが、折り悪く日本はモスクワオリンピックをボイコット。ボクシングで五輪選手になるという夢を絶たれた赤井は、あらたな功績を積み上げるべく、プロボクシングの道へと進むことになった。

デビューから破竹の連勝街道

赤井英和はプロ転向にあたり、愛寿ボクシングジム(現在のグリーンツダジム)の門を叩き、そこでジュニアウェルター級のプロボクサーとなる。
そこからはあれよあれよという間にKO勝利の山を築き、全日本新人王のタイトルも獲り、なんと12連続KO勝利。当時、同じく関西出身で追手門学院大学からボクシングの道に進んだ世界王者、渡辺二郎がいたにもかかわらず、赤井は関西一の人気ボクサーとなった。 派手なKOと攻撃型ボクシングの面白さもさることながら、そのカリスマ性とおもしろコメントでスターボクサーを作ることができることを証明したのは、赤井の功績と言っていいだろう。

おすすめの記事