「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界のレジェンド、ファイティング原田の功績

2016 10/24 19:31
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Luigi.glp/Shutterstock.com

1960年代に活躍した日本ボクシング界のレジェンド、ファイティング原田。 世界的にも高い評価を得た原田の功績を紹介する。

ファイティング原田の生い立ち

ファイティング原田(本名・原田政彦)は、1943年4月5日に東京都世田谷区で生まれる。中学校在学中に友人の誘いでボクシングを始め、笹崎ボクシングジムに入門。米穀店で働きながら猛練習を続け、1960年には17歳でフライ級の東日本新人王に輝く。
序盤からのラッシュには定評があり、1962年にはデビューから25連勝という記録を打ち立て、その年の10月には世界フライ級王座に初挑戦、王者のポーン・キングピッチ(タイ)にKO勝ちし、19歳で世界王座を獲得した。

日本人初の2階級制覇という功績

世界フライ級王者になった原田だが、3か月後の再戦できわどい判定負けを喫し、王座から陥落する。この試合の後、減量苦もあったため、バンタム級に転向する。
転向後はKO負けを喫するなど苦しむが、再起を果たし、1965年5月に世界バンタム級王者エデル・ジョフレ(ブラジル)に挑戦する。下馬評は圧倒的不利だったが、アウトボクシングに徹することで好勝負を展開し、僅差の判定2-1で勝利、日本人初の2階級制覇を達成する。

おすすめの記事