「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界が誇る英雄・長谷川穂積の功績をチェック!

2016 10/24 19:31
長谷川穂積Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

日本ボクシング界が誇る英雄、長谷川穂積。 つい先日3階級制覇を達成したばかりの35歳のベテランボクサーがこれまで残してきた功績に迫る。

【長谷川穂積の功績1】父が師となりボクシングの世界へ

兵庫県西脇市で生まれた長谷川穂積。ボクシングとの出会いは小学2年生の頃。ボクサーだった父の教えを受けて基礎を学ぶ。本格的にジムに入ったのは通信制の高校を卒業した19歳になってからだった。
1999年にプロテストに合格すると、同年11月にプロデビューを果たす。試合を重ねる中で実力を積み、デビューから4年半でOPBF東洋太平洋バンタム級王座を獲得。3度防衛の後、世界挑戦を見据えて同タイトルを返上する。

【長谷川穂積の功績2】絶対王者・ウィラポンを破り世界の頂点に

2005年、長谷川穂積の世界王座挑戦の前に立ちはだかったのは、WBC世界バンタム級王者だったウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)。1998年から15連続防衛中、6年以上チャンピオンベルトを守り続けた絶対王者だ。かつて辰吉丈一郎を2度、西岡利晃を4度も返り討ちにしたこともあり、良くも悪くも日本人に馴染みのボクサーだった。
試合の序盤を制したのは長谷川。小気味よくパンチを刻み、ポイントを重ねていく。中盤は落ち着きを取り戻したウィラポンが有効打を稼ぐも、スタミナ切れを起こして終盤に失速。3-0の判定勝ちで長谷川穂積が金星を挙げ、新たなバンタム級王座についた。

おすすめの記事