「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

三浦隆司がボクシング界に与えた功績

2016 10/24 19:31
三浦隆司Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

豪快なパンチでKOを量産する爽快な試合の多い"ボンバーレフト"三浦隆司選手の生い立ちや戦績、業界に与えた影響を紹介する。

”ボンバーレフト”三浦隆司とは?

三浦隆司は、帝拳ジム所属の強烈な左ストレートを繰り出す豪快なスタイルのファイターで、そのパンチの威力から「ボンバーレフト」と呼ばれている。
第33代WBC世界スーパーフェザー級チャンピオン、第43代日本スーパーフェザー級チャンピオンとして知られているが、驚きなのはその戦績。なんと35戦30勝(23KO)3敗2分。WBC世界王者として4度の防衛に成功している。この4度の防衛戦において4人のメキシカンをノックアウトしたことから「メキシカン・アサシン」との異名もある。

三浦隆司の生い立ち

1984年生まれ、秋田県三種町出身だ。叔父の政直氏は元日本フェザー級王者。その影響からか、小学生の頃からボクシングに興味を持ち、中学3年生で秋田市内のボクシングジムに通い始めた。
身体能力が高く、高校の頃からすでに頭角を現しており、2002年によさこい高知国体で優勝している。2003年にB級プロテストに合格するまでのアマチュア戦績は40戦34勝(22KO・RSC)6敗。パンチ力のあるサウスポー・ファイターとして話題になった。

おすすめの記事