「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

三浦隆司がボクシング界に残した功績

2016 10/24 19:31
三浦隆司Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

豪快なパンチでKOを量産した"ボンバーレフト"三浦隆司選手の生い立ちや戦績、業界に与えた影響を紹介する。

”ボンバーレフト”三浦隆司とは?

三浦隆司は強烈な左ストレートを繰り出す、荒々しいスタイルのファイターで、そのパンチの威力から「ボンバーレフト」と呼ばれた。

WBC世界スーパーフェザー級チャンピオンとして4度の防衛に成功し、戦績は37戦31勝(24KO)4敗2分。世界王座を獲得した試合を含めて世界戦でメキシコ人選手に4連勝したことから「メキシカン・アサシン(暗殺者)」との異名もある。

三浦隆司の生い立ち

1984年、秋田県出身。元日本フェザー級王者だった叔父の三政直の影響からか、小学生の頃からボクシングに興味を持ち、中学3年生で秋田市内のボクシングジムに通い始めた。

身体能力が高く、金足農業高校時代の2002年によさこい高知国体で優勝している。2003年にプロテストでB級に合格するまでのアマチュア戦績は40戦34勝(22KO・RSC)6敗。パンチ力のある左ファイターとして話題になった。

おすすめの記事