「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本ボクシング界の新鋭・村田諒太の功績をチェック!

2016 10/24 19:31
ボクシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://cs-park.jp/

2012年のロンドン五輪で金メダルを獲得した村田諒太。 日本ボクシング界において、オリンピックでメダルを獲得したボクサーはそう多くない中で、かつてないほどの注目を浴びたこのボクサーの功績に迫る。

【村田諒太の功績1】南京都高校で競技人生をスタート、高校5冠を達成

奈良で生まれ育った村田諒太とボクシングの出会いは中学生の時。担任の勧めで地元の高校が主催する週末ボクシング教室に通ったのがきっかけだった。
本格的に競技を始めるのは南京都高校でボクシング部に入部してから。高校2年時にその才能が開花し、選抜大会・インターハイ・国体で3冠を達成。高校3年でも選抜大会とインターハイを制覇、国体は県予選で敗れ6冠こそ逃すが、5つのタイトルを獲得して全国的に有名なボクシング選手として名乗りをあげた。

【村田諒太の功績2】ボクシングの名門・東洋大学へ進学

南京都高校を卒業後、村田諒太は東洋大学へと進学。ボクシングの名門と呼ばれる同校でもその実力を遺憾なく発揮する。
全日本選手権を2度制覇するなど国内での実績は十分。ここからアジア大会、世界選手権など国際大会への出場も増えていく。タイで行われたキングスカップでは、K-1ファイターと対戦しながら準優勝に輝いたこともあったが、タイトル獲得には至らず。 世界の壁を痛感したことで、現役からの引退を決意する。

おすすめの記事